カテゴリー

2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
年末年始休業日
日曜日定休 (2022年12月より)
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
年末年始休業日
 

トップ > 新苗の育て方

新苗の育て方

四季咲き木立 四季咲きシュラブ

新苗が届いたら花を確認後、支柱にしっかり固定されているか確認して下さい。
葉をなるべく多く残すように一番上の5〜7枚葉の上で切ります。 切り戻し後6寸鉢くらいに植え付けます。

伸びた枝先の蕾を定期的に取ります。

ベーサルシュートも蕾だけ取ります。
冬季剪定で樹高の2/3位を残すように切ります。

 

つるバラ よく伸びるシュラブ

4〜5月ならば支柱の半分(15〜20cm)くらいまで切り戻して下さい。 支柱に止めてある枝が太くなるわけではありません。 四季咲き品種よりも樹勢が強いつるバラは強く切り戻しても大丈夫です。 そのまま伸ばすと枝の重みで接ぎ口が取れてしまうことが有ります。 切り戻し後、6寸鉢くらいに植え付けます。慣れた方はそのまま地植えにします。 6月頃に新苗を手に入れた方は支柱にしっかり固定されているか確認した後、あ まり強く切り戻さないようにして四季咲き品種の手順で管理して下さい。

 

早く大きくするためには葉の量が必要です。伸びている枝は細くても冬季剪定まで切らないようにして下さい。
株元から出てきたベーサルシュートが翌年に花を付ける枝です。
折れないように固定して下さい。その時枝先は上を向けて下さい、地面と平行に誘引するのは冬の時期だけです。

 

冬季剪定で弱い枝を抜きお好きな物に誘引して下さい。