カテゴリー

 

トップ > イングリッシュローズ > ア行

ア行

デビッド・オースチン・ローゼズ社は1969年に創立され、デビッドCHオースチン氏により作出されたバラをイングリッシュローズという ブランド名で販売しています。 初代イングリッシュローズの「コンスタン サプライ」より現在の最新品種まで根強い人気があります。 イングリッシュローズとは、1970年代に入ってから注目されるようになった、比較的新しいブランドです。 オールドローズと、モダンローズであるハイブリット・ティーやフロリバンダを交配することによって生まれました。 オールドローズの可憐な魅力と香り、モダンローズの豊富な色と四季咲き性、両方の良さを併せ持つのが魅力です。 イングリッシュローズの特徴として「花の美しさ」「丈夫ささ」「葉の美しさ」「香り」「樹形」などを数多くの 基準をクリアしていないと発売されません。 2000年には世界バラ会連合の投票で決めるバラの殿堂入りに「グラハム トーマス」が選ばれました。 今世界で注目されているナーセリーです。

 

全21件